石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 介護職員インタビュー

介護士

利用者様が安心して、毎日を楽しく過ごし、
一日の終わりに笑顔で「おやすみなさい」と言い合える関係を。

With a Life 生命とともに

安心の教育体制で、最適なケアを

やすらぎ苑で介護職員として働いて3年目。ここには、約100名の利用者様が入所されており、症状に合わせて3つのフロアに分かれています。
私たち介護職員は、毎日同じフロアを担当するので利用者様一人ひとりの好みや特性をしっかりと把握することができます。また、新人も中途入職の方にもマンツーマンで安心して教育を受けられる「プリセプター制度」を導入しています。
万全の体制を整えて、利用者様が毎日穏やかに楽しい生活が送れるよう、職員全員で行き届いたケアを心がけています。

With a Life 暮らしとともに

利用者様に、楽しんでいただける工夫を凝らして

今年からやすらぎ苑は新しい取り組みに挑戦することになりました。これまでの年間行事は、例年をもとに同じ行事を行っていました。
しかし、今回から私たち介護職員がグループを組んで、企画出しから新しいイベントを行うことになったのです。その理由は、マンネリ化を防ぐことと、すべての利用者様に楽しんでもらうためです。私たちのグループは行事カンファレンスを開き、運動会を開催することに決定しました。競技内容に、利用者様同士や職員と触れ合う機会を増やすようにと考え、開催前の準備段階から会場のデコレーションに皆で取り組めるように工夫をしました。動ける方だけではなく、利用者様も職員も一緒になって行事を創り上げることで意識が高まり、運動会は大成功となりました。
なにより、利用者様がイベントを楽しみにしてくれていたこと。当日も、イキイキとした表情を見せてくれたことに例えようのない喜びを感じました。

With a Life 人生とともに

職員同士の交流の場が豊富

法人全体の親睦会として、ビアガーデンや旅行も毎年行っています。職場の風通しもとても良く、職員同士のコミュニケーションづくりの土壌がしっかり築けているので、楽しいことや利用者様のためになる新しい提案などを考えたい方には、アイデアを発信しやすくとてもやりがいのある環境だと思います。

また、やすらぎ苑は介護老人保健施設が独立しているのではなく、田辺中央病院と併設した地域との接点が豊富な施設です。石鎚会という法人の母体がしっかりしているので、万全のサポート体制で職員のスキルアップも応援してくれます。私は来年、介護福祉士の資格を取得するために勉強中です。
今後、それに付随する「たん吸引(喀痰吸引等制度)」の研修も受けたいと考えています。そのためのバックアップや月々の勉強会も開催してくれるので、積極的に機会を利用しています。普段は会えない職種の人との出会いもあり、リハビリテーション科や各委員会の先生のお話はとても刺激的で自分自身のモチベーションに繋がっています。

Care Worker    介護職員
来住 八重子    Yaeko Kishi


求職中のみなさんへ

ここで働く職員は、楽しいことを考えるのが大好きで、趣味も 豊富な人ばかり。 職員同士コミュニケーションをとっていて、仕事での悩みを相談できる上司や同僚がいます。 人生の先輩でもある利用者様と接して、自分自身を 見つめなおすことや学ぶことがたくさんあります。会話の中から笑顔の花が咲くように役立ててくださいね。


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら