石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 医師インタビュー

麻酔科医師

子育てをしながら、しっかりとキャリアアップにも繋げていき
働くママとしてイキイキとし続ける。

With a Life 生命とともに

医師や職員が関わりやすい環境がもたらす医療

田辺中央病院は部署の垣根が低いため、手術以外の場所で関わる医師や看護師、薬剤師なども多いです。
それぞれが専門知識を高め実践に活かすことで、患者様の深いケアに繋がり自身のスキルアップにもなると思います。私も他の現場から得られる知識も多く、とても刺激的な環境だと感じています。
私はここに入職してから、病院のバックアップのもと、麻酔科医師に必要な認定医と標榜医の資格を取得しました。子育てもしながら、きっちりとキャリアアップも遂げられることは、安心と自信、そしてよりよい医師人生を歩むためのステップにも繋がります。今後はさらに上を目指し、専門医の資格を取ることが目標です。

With a Life 暮らしとともに

痛みと闘う患者様のそばに


患者様の精神的・身体的な痛みや苦しみを取り除き、安全に手術を受けていただくために麻酔科医師が在ると思います。
手術中の全身管理を行い、病気や手術侵襲から患者様を守るだけではなく、術後には痛みを緩和し患者様の苦しみをやわらげ、より生活しやすくなるようにすることも私の使命です。痛みと闘う患者様に深いケアができるような麻酔科医師として、患者様の気持ちに寄り添った医療を心がけています。

With a Life 人生とともに

職場に根付く、ママが働きやすい環境づくり

私は田辺中央病院に勤めて3年目になります。
以前は違う病院で働いていましたが、主人の転勤とともに新しい職場を探すことになりました。生後間もない子どもを抱えていた私の第一条件は、院内保育があること。この病院に見学に行った際、職場がわきあいあいと笑顔に包まれていたこと、担当者にある程度の希望を伝えたときに大変親身になってくれたことで、安心してここに入職することを決めました。

保育園は病院からとても近い場所にあるため、急な発熱や職場のイレギュラーにも柔軟に対応してくれます。現在2歳になる子どもは、保育園での先生との楽しい出来事を事細かに話してくれたり、一生懸命描いた絵を披露してくれたりと毎日イキイキと過ごしているようです。仕事が終わり迎えに行き、元気な子どもの姿を見ると、院内保育がある病院で良かったと日々実感しています。
また、職場には院内保育を利用している医師や職員がたくさんいます。地域の中で、お互いがそれぞれの子どもたちを自分の子のように見守り、育む目を感じ、仕事と子育ての両立に大きな力を与えてくれています。

医師という、人の命に関わる仕事をしていることを肝に銘じて、「命の尊さ」を子どもにも、働く背中で見せつづけたいと思います。

Doctor    麻酔科医師
中村 恵梨子    Eriko Nakamura


求職中のみなさんへ

田辺中央病院は、働くママで溢れています。 子育ての悩みを共有したり、相談に乗ってくれる先輩ママも たくさんいるので、とても心強いですよ。「仕事も子育ても 両立したい」。パワフルに頑張る、新しい仲間をぜひ お待ちしています!


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら