石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 臨床検査技師インタビュー

臨床検査技師

仕事を頑張り、成長できるからこそ、
プライベートも充実させることができる。

With a Life 生命とともに

現代医療の縁の下の力持ち

私は外来や健診、入院患者様など、多くの人を対象とした臨床検査を行っています。もともとは、がん細胞などの検査をしていましたが、入職した後スキルアップに繋がる様ざまな機会を病院が与えてくれ、今では心電図やエコーなどの患者様を目の前にして行う生理検査を担当しています。
この病院は専門的なスキルを学べる勉強会がたくさんあるので、やる気があればきちんと自分のキャリアアップが叶えられます。
私も入職してからこれまで、臨床検査技師に必要な知識をがむしゃらに勉強し、働きながら様ざまな資格を取得してきました。

「たくさんの人の役に立ちたい」。 臨床検査技師になることを決めた学生時代の想いを胸に、これからは、患者様はもちろん、職場の仲間にも「あの人がいれば安心だ」と頼りにされるよう、身につけた知識をしっかりと現場で活かしていきたいと思います。

With a Life 暮らしとともに

毎日の検査を楽しんで

検査は患者様にとって、とてもナイーブなものです。毎日、たくさんの検査を受けながら入院生活を送られる患者様にとって、苦しいことばかりでは日々の入院生活がとても辛いものになってしまいます。そうならないためにも、いつもやさしく寄り添う心を持って、いつでも声を掛けやすいような雰囲気づくりと穏やかな表情で接することを心がけています。私の検査を受けてくださる患者様の心が、日々の検査に対して少しでも前向きになってくれれば嬉しいです。

私は病院だけでなく、健康管理センターも担当し、双方を行き来しながら働いているため多くの患者様と関わる機会があります。
健康管理センターで会った患者様と、別の日に病院で会うこともしばしば。患者さんから声をかけてくださることもあり、嬉しく思うとともに、「患者様の毎日が少しでもよりよい時間になるようなことが出来ているかな」と自問自答する日々です。

With a Life 人生とともに

趣味を夫婦で楽しむ週末。ゆとりある日常を

入職して12年経ちますが、その間に結婚をしました。田辺中央病院は、私のように途中で結婚しても、時間を短縮して働く人や、院内保育を利用する人なども多いですが、その後も働きやすいように病院がいろいろと力になってくれます。そのため、以前働いていてブランクがある方や、働くママなど30~40代の女性も多く、安心して働ける環境だと思います。

また、臨床検査科では前もって休み希望や勉強会への出席希望などを提出し、調整しているため、他の病院に比べてお休みがとても取りやすいと思います。私は夫婦で共通の趣味があり、二人で前もって休みの日を調整して一緒に過ごすことができます。
プライベートが充実するからこそ、仕事とのメリハリをきちんとつけて頑張ることができる。それは一緒に働く同僚たちも同じ。田辺中央病院で働く皆がイキイキと仕事をしているのは、こういったお休みの有効活用にあるのではないかと思います。

Medical Technologist    
臨床検査技師

菱田 泰子    Yasuko Hishida


求職中のみなさんへ

私のおすすめはなんと言っても、希望するお休みが取りやすい こと。福利厚生も整っていますし、向上心があれば様ざまなスキルアップもサポートしてくれます。新卒の方ももちろん、ブランクがあるや中途採用の方など、レベルに合わせた教育カリ キュラムも充実しているので、ぜひ一度病院を覗いてみて くださいね。


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら