石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 看護師インタビュー

石鎚会採用サイト 働く人を知る 看護師

すべては「患者様のために」。ご家族様の想いも大切にしています

With a Life 生命とともに

地域に根付く、チーム医療が目指すもの。

医療法人社団石鎚会は、近距離に介護老人保健施設などのグループ施設を設けており、各専門分野が連携を図り、地域に根ざした「チーム医療」を目指しています。 過去の実例で、呼吸器なしでは生活できなかった入院患者様に対して「自宅に帰りたい」というご本人とご家族様の願いを叶えるため、主治医や相談員、ケアマネジャー、訪問看護師やホームヘルパーも集まり、合同カンファレンスを行いました。
それぞれが専門知識を持ち合い、何が必要で重要なのかを見極めることで、無事に家に帰ることができました。これは患者様やご家族様をはじめチームケアを行なえた貴重な経験でした。

With a Life 暮らしとともに

「暮らしに寄り添う」看護とは。

病院はたくさんの人が、様ざまな背景を抱えて訪れる場所です。
看護師として患者様に関わることで、その方の「人生の一部分」に入ることができます。私たちは、その瞬間の時間を大切に、「その人らしく生きられる」をモットーに、共に考え、取り組んでいきたいと思っています。患者様が自分らしく居られるよう支え、さまざまな場所との架け橋になることで、患者様やご家族のニーズに応えていきたいと思います。

With a Life 人生とともに

女性がイキイキと働き続けられる、くふうとしくみ

私が田辺中央病院に入職して10年。その間に3人の子どもを出産、それぞれ育児休暇後に職場復帰し、現在は看護師長として働いています。この病院では私のように仕事と子育てを両立した、働くママがたくさんいます。
その秘訣は、ワークライフバランスの導入や、それぞれのステップに合わせた充実した研修などに積極的に参加でき、スキルアップが図れることにあると思います。

Nurse    看護師長
荻野 加寿江    Kazue Ogino


充実した教育制度

こころに寄り添う、プリセプター制度

新人の方には「プリセプター制度」を設けています。
これは、新人の方一人に対して実務経験3年以上の先輩看護師がマンツーマンで付き添い、
指導するプリセプターが新人の方の精神的なサポートを行う役目も担っています。
だからこそ、安心して独り立ちできるようにきっちりとした教育内容がカリキュラム化されています。

ママの社会復帰を応援

潜在看護師をはじめとし、職場復帰の方には、もう一度看護職として輝いていただく手助けとして、
「看護力再開発スクール」というスクールを開いています。内容は最新の看護知識や技術を学んでいただく講義と実習です。
新人看護師、中途入職者ともに受講が可能であり、職場復帰の後押しをしてくれると思います。
これらの制度がしっかりと現場で活きているからこそ、一人ひとりの働きやすさに繋がっているのだと思います。

教育制度をみる

求職中のみなさんへ

ここで働く一人ひとりは、患者様のことを大切に考える向上心 のある人ばかりです。 私たちは患者様だけでなく、そのご家族様の想いも大切にする ことでよりよい医療に繋がると考えています。 この想いに賛同してくださる方と、ぜひ一緒に働きたいと思って います。地域に必要とされ、信頼される病院を私たちと一緒に 創り上げていきましょう。


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら