石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 薬剤師インタビュー

薬剤師

ぬくもり溢れるケアで安心を届けたい。
力を合わせたチーム医療で地域に根ざす病院を。

With a Life 生命とともに

チーム医療の重要性

田辺中央病院には多職種が連携をとって患者さんをサポートするチーム医療が存在します。
薬剤師がチーム医療に加わることで患者様の治療の質が向上しますし、急性期病院では薬剤師の介入なしには煩雑な薬に関する業務が回りません。ここ最近ですが医師や看護師などの病棟スタッフから薬の相談を受ける機会が本当に増えたと感じます。これは病棟スタッフの輪の中に薬剤師が積極的に入ってコミュニケーションをとっているからだと思います。私も栄養サポートチームや、心肺蘇生講習会を行うICLSチームでもチーム活動をしています。志の高い仲間と楽しく仕事をしながら、これらのチーム活動が病院全体の医療レベルの底上げにつながるよう努力していきたいです。

また薬剤師同士もチームで業務を行うことで、効率よく切れ目のない介入が可能になります。実際に私は、整形外科を中心とする病棟を2名の若い薬剤師とともにチームをつくり、担当しています。朝の病棟での申し送りや服薬指導から得た情報をチームで共有し、介入しています。上手くいった点は皆で喜び、気づいた課題には皆で改善策を考えています。
これからも病棟で頼りにされる薬剤師でありたいと思います。

With a Life 暮らしとともに

心に寄り添う、地域の病院を目指して

田辺中央病院は内科、外科、整形外科、循環器内科、小児科、産婦人科などを中心とした188床の急性期総合病院です。それぞれの病棟には担当の薬剤師を配属しており、薬剤師は担当している患者様を入院時から退院時まで追いかけることになります。病棟での薬剤師の業務は持参薬の把握、医師や看護師などのスタッフとの情報共有、服薬指導、退院時指導などを行っています。服薬指導では、何気ない会話から患者様の日々の様子を伺うことも重要です。見えないことも、普段の会話から掘り下げていって、正確に捉えられることもあります。

日ごろからコミュニケーションをとりながら、思いやりのある温かい心で患者様へ関わること、患者様の病態や入院背景まで配慮した広い視野で服薬支援を行うことを大切にしています。

With a Life 人生とともに

薬剤師として成長し続けたい

薬剤師になり10年。これまで目の前の患者様のために役に立ちたいと思い、必死に勉強してきました。知識や技術の無さで力不足を感じた悔しさ、勉強したことを患者様に還元できた喜びなど患者様と向き合う中でたくさんの経験をさせてもらいました。現在の私の仕事での使命は、それらの経験をもとに若手の成長を促し、一人一人が自信を持って仕事を行えるように教育していくことだと思っています。

Pharmacist    薬剤師
片岡 聡    Satoshi Kataoka


求職中のみなさんへ

一人ひとりが輝く、温かい職場を目指して皆さんと一緒に 新しい臨床薬剤部を作っていきたいと思っています。やりたいことにもチャレンジでき、自分らしい働き方ができるアットホームな職場で皆さんをお待ちしています。


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら