石鎚会採用サイトトップ > 働く人を知る > 女性が輝く石鎚会 Women's talk

石鎚会採用サイト 働く人を知る 看護師

たくさんの女性がイキイキと働く石鎚会。
家庭との両立への対策など、女性が働きやすい秘訣をご紹介します。

仕事も家庭も、院内保育で相乗効果を

私は現在、看護部で主任として働く2児のママです。7歳と4歳になる二人の娘がいて、育児と仕事の両立を毎日頑張っています。 田辺中央病院に入職したのは、長女が生まれて10ヵ月の頃。 田辺中央病院に院内保育があることはなんとなく聞いていましたが、上の子は一般の京田辺市の保育所に預けていました。

しかし、小さな子どもは朝元気だったと思えば、環境の変化ですぐに体調を崩してしまうこともあります。保育所から連絡があり、仕事をやっとの思いで調整し迎えに行っては、子どもの検査のために職場である病院にとんぼ返りすることもしばしば。 そのような経験から2人目は、保育が必要になるとすぐ院内保育に入園させました。 入園させてからというもの、職場も家族も驚くほどうまくいきました。小さい子どもがいても働きたいというママには、ぜひこの病院の院内保育を一度考えてみてほしいですね。

元気な声が聞こえるほど近くて安心な保育園

院内保育の魅力は、なんと言っても職場の病院から保育園までの距離。「歩いて1分」。 これが大袈裟ではないほど、目と鼻の先に位置しています。 保育所で子どもになにかあった際も、すぐに看護部に連絡が入ります。職場の同僚も同じように子どもを育てながら働く「ママ友」ばかり。急な迎えが必要なときにも、快く時間を調整してくれたり、優しく声を掛けてくれたりと、周りの方々の心強い支えを感じる日々です。


家族と幸せなときを分かちあうために

子どもたちがどんどん成長している中で、小学生の長女が習い事をしたいと相談してくることもあります。 京田辺市にはファミリーサポートという、市が子どもの習い事先に引率してくれたりと子育ての手助けをしてくれる機関があります。 平日は、院内保育や子育てのサポートを活用して自分のライフスタイルに合った働き方を行っています。

そして、休日には家族皆でゆっくりと過ごす時間をつくる。ごはんを食べたり温泉に行ったり、家族が笑い、会話し、同じ時間を過ごせることに改めて幸せを感じています。

支え合い、家族との時間を大切に

私が子育てにおいて大切にしているのは、子どもには厳しくすること。私の家は共働き。祖父母も遠方のため頼ることができないので、家族一人ひとりが支え合い、尊重し合うことを大切にしています。 子どもたちもそれに応えてくれるかのように素直に聞き入れてくれ、7歳になるお姉ちゃんは妹の身の周りの世話をしたり、着替えを手伝ってくれたりととても協力的に動いてくれています。

外出先で知り合いと出会った際も、子どもたちが自分から挨拶をしたり礼儀正しく振舞う様子を見ると、大きくたくましく成長してくれているなと親としてこの上ない喜びを感じます。


求職中のみなさんへ

私がこうやって子育てをしながら仕事ができているのは、 職場の万全のサポートと、共に働き、いつもよき相談相手でいて くれる同僚。そして、家族や子どもたちのおかげです。 私が転職活動の際、この病院を知ったのも実はこういった ウェブサイトでした。今、病院を紹介する立場になり、 就職活動に励まれている方に自信を持っておすすめします。 あなたの看護師スキルを、ぜひ田辺中央病院で活かしてく ださいね。


女性が輝く職場の秘訣

  • 院内保育園の設置

    職員専用の保育園として 「やすらぎ保育園」を運営しています。田辺中央病院からは徒歩1分という近距離にあり、お子様の緊急時もすぐに駆けつけられます。

  • 先輩ママ職員多数

    子育てと両立しながら働く先輩ママ職員がたくさんいるので、ママならではの悩みも理解しやすく協力しあえる環境です。

  • 子育てに前向きな姿勢

    石鎚会は充実した小児科・産婦人科を運営しているので、出産・育児に対する理解が高く、安心して制度を利用していただけます。また、育児などの悩みも、相談できるプロが身近にいるので心強いですよ。


応募はコチラ

石鎚会の採用に関してのお問い合わせはこちら